HOME>アーカイブ>適切な処置をしてくれるかどうかを見極めるにはある程度の知識が必要です

使わなくなった時にどうすれば良いのか

工事現場

近年、不適切な廃船処理による海洋汚染等の被害が広がっている事をご存知でしょうか。事故等で使えなくなった漁船等を放置し、腐った木の部分が朽ち果て海に落ちる等、色々なパターンの汚染が見られます。なので、使わなくなった船は適切な処置を行ってくれる業者に依頼をし、確実に廃船処理しなければなりません。ただ、そうした業者を選別するにはある程度の知識が必要になります。まず、廃船するには自治体ごとのルールがあります。そのルールは全国一律ではなく、隣の自治体で大丈夫な事も自身の自治体ではそうでは無いかもしれません。必ずそうした事を把握している業者に依頼をする事が必要です。

また、所有している船がFRP船の場合には、必ずその処理に対応している業者を選ぶ必要もあります。そのような事は必ずホームページ等の分かりやすい所に書いているので、見落としの無いようにしましょう。その際に、リサイクルや船舶解体に関しての認定を取得しているかどうかも、忘れずに見ておいてください。優れた廃船業者は、そうした資格を取得している事を明記しています。それに加えて最近では、廃船までの道のりをフローチャート形式で分かりやすく説明してくれている所まであるようです。

優れた廃船業者は、こちらの知りたい事を分かりやすく伝えてくれます。相談した時にはもちろん、公式サイトに廃船に関するコラムなどを掲載し、極力親しみやすい文章を心がけてくれています。こうした背景には、先述のような放置された廃船による深刻な被害があるようです。廃船は業者利用し適切に行えば、決して難しいものでは無いという事を悩んでいる人たちに発信する意味合いがあります。そのように処理で困っている側に立っている取り組み等を行っている所が、選ぶべき廃船業者といえます。

広告募集中